神奈川県小田原市/家づくりパートナー・三心NEWS
sannsin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:○夢のモダン古民家( 12 )
|
2010年 11月 15日 |
つ、ついに 完成しました!
私たちが 思っていた以上の出来栄えに ただただ感激です。

大工さんはじめ 我家に関わったすべての職人さん達に
金メダルを 贈りたいくらいの気持です。
本当に ありがとうございました。

今まで いろいろな職人さん達と会う機会がありましたが
なかなか やりがいのあるお仕事だと思いましたね~。
うるさい施主の言うことを 形に造りあげて下さるわけですから。
すごいですよね。 それぞれが さすがプロだな~と思えること
ばかりでした。

私たちは 古い物が大好きです。
古い街並み。古い器 そして道具や建具などなど。
ですから 古民家が ≪ゆめのかたち≫ なのです。
そのゆめを叶えることが出来て 本当に幸せだと思っています。
今まで 頑張って生きてきたご褒美を 神様が下さったのかな?(笑)

人によって ゆめのかたちは 異なり
○であったり □だったりと 様ざまですよね。

それが  どんな ≪かたち≫でも 
一番大切なことは そこに暮らす人が楽しく 幸せになること。
家族が 笑顔で暮らせることに尽きると思いませんか。

最後に 
私の とりとめのない文を読んで下さって ありがとうございました。
みなさまの ≪ゆめのかたち≫ が見つかることを願っています。                                  
                             お し ま い 。
[PR]
2010年 10月 23日 |
我家もいよいよ完成に 近づいてきました。
いちばんこだわり 夢でもあった 玄関の吹抜けが 完成したのです!

d0162700_15524151.jpg


玄関はその家の 顔のようなものです。
2階は ちらかっていても とりあえず玄関さえ掃除しておけば
急な来客でもあたふたしませんよね。(笑)

ひかりの差し込む窓があるために 随分あかるい 開放的な玄関になりました。
ひょろひょろと垂れている コードの先には 今まで集めてきた
ランプを付ける予定です。

5月の引越から かれこれ5カ月以上。いろいろなことがありましたね~。
それにしても 家を建てるということは 大変なことなのだと しみじみ思いました。
もちろん 楽しみな事も盛りだくさんですが!

これから 新しい我家の玄関に 大勢の方がいらして下さり 楽しい会話で盛上る。
いつも 笑い声のする家。
そんなふうに なれたらいいな~。
[PR]
2010年 10月 01日 |
今年の6月 に 福島県に行ってきました。
福島の三島町で 『工人まつり』 が開催されるのです。

山深いこの町は 昔から 雪に閉ざされた冬の仕事として
山ぶどうの籠や あけびやまたたびで ざる を編むなどの
手仕事が 発達してきたそうです。
またたびで編んだ ざるを買ってきましたが その網目の美しさは
ため息が出るほどです。ここで写真をお見せできないのが残念なくらい。

福島の帰り道 那須から益子に寄って帰ることにしました。
その益子で 運命の出会いがあったのです!
d0162700_17471726.jpg


ど~ですか この蔵戸の素晴らしさ!

この戸を見つけた時は本当に驚きました。
建具は時々見ることがありますが 蔵戸はなかなか見かけません。
それにこの 金具の細工も素晴らしいですね~。

この戸が 我家の玄関の戸になりました。
これでこそ ゆめの古民家です。

 
[PR]
2010年 09月 16日 |
今年の暑さはすごかったですね。
身体が丈夫なだけが取柄の私も さすが残暑の厳しさにダウン。

私がダウンしている間にも 工事は着々と進んでいました。
久々に 見に行って 進み具合にびっくり!

d0162700_1650308.jpg

天井はこんな風に 柱が組まれていました。
う~ん 美しい! なかなか見応えがありますね。

d0162700_1753370.jpg

クロスを貼る前の 壁の状態です。
パテで隙間を埋めて これからクロスが貼られます。

どんなクロスにしましょうか。
思い切って ラブリーな部屋にするのもいいかもしれません。
これは 楽しい悩みですね。
夏バテも 一気に吹飛びそうです。
[PR]
2010年 08月 09日 |
ものすごーい 暑さの続くなか、屋根やさんが来て屋根を葺いて下さいました。
これでもう 雨が降っても安心です。

サッシも入り だんだんと 家のかたちができてきました。
部屋をしきる柱があり 柱と柱のあいだには すじかい が入っています。 

d0162700_16522782.jpg


ジャ~ン  かべの内側には このような物が入っていました!
これは 断熱材 とのこと。 
私たちを 暑さや 寒さから 守ってくれるんですね。

いろいろな配線やら 金具やら 断熱材やら これから張られる 
かべの内側は 今しか見ることができない 世界がありました。
すごいですね~。

大工さんが 毎日大忙しで仕事をして下さっている間も
屋根やさんが入り 電気屋さんがきて サッシやさん ガスやさん などなど
つぎから 次と いろいろな方がきて 工事をしていって下さいます。 
 
家が建ち上がるまでに いくつの業者さんが入るのでしょうか?
ただ ただ 驚くばかりです。
[PR]
2010年 07月 30日 |
我が家の庭のかたすみに すいれんの かめがあります。
いまは だれも住んでいない庭のすみで
すいれんと コウホネが 元気にしていました。
d0162700_161578.jpg

長男が小学校2年のときに この地に引っ越してきました。
山あり 川ありと 豊かな自然に恵まれ とても素晴らしい処です。






以前は 全てが子供達中心の生活でしたから、家の間取りから 時間の使い方 
何もかもがそんな風でした。

あれから30年あまり、長男は就職とともに 都会に(笑)住み、
二男も、大学入学と同時に 家を出ていっちゃいました。
それ以来 夫婦二人と愛犬の静かな(?)暮らしです。
それでは! とばかりに 自分たちの時間を楽しんできました。

ライフスタイルって 変わるもんですねー。
それぞれの 年代によって生活のスタイルがあって
それに合わせて 家を増築したり、改修したりしているようです。

我が家も 今の生活に合った、何よりも 暮らしを楽しむ家にしたい!
これが コンセプトです。

大工さん達が 朝早くから お仕事に来て、トントン カンカン 大忙しです。
つぼみを付けてきた すいれんのかめには 金魚が三匹住んでいまが
≪外は この頃 やけに騒がしいぞー?≫ なんて話しているかもしれません。

屋根も葺けて 外かべもはられてきました。
かたちになってきた我が家が 眩しくみえます。 





















 
[PR]
2010年 07月 24日 |
私たちは、古いものが大好きです。
旅行で出かけた先々で、よく古道具屋やら骨董店をのぞきます。
その町で育まれ、使いこまれた品々は それぞれ特色があり
な~るほどね!だからこうなのかと 感激してしまいます。
どんな小さな物にも、それなりに意味があるのですね。

こんど家を建てることがあったら、
玄関は吹き抜け 太い梁を見せて、今まで 趣味で集めてきた ランプをつるし
古い籠の中に、花をいっぱーいかざる。
いやー いいですね。ゆめで終わるかと思っていたことが実現しそうです。

我が家の吹抜け玄関の梁には 古材が使われることになりました。
太く ごつごつし 曲がった 梁です。あちらこちらに亀裂が入り
組まれて使われていた様子がうかがえる、≪みぞ≫ やら ≪あな≫やらが。
生活の歴史ですね。 なんといっても新しい物には無い 風情 というものがあります。

d0162700_113793.jpg


こんな感じで 玄関のイメージができてきました。
古材は 洗い という作業のあと、今度は我が家を支えるという 新しい役目で蘇ったのです。

まさに 再生ですね~。
使い捨ての時代が終わり、再生の時を迎えているいま。
良い物を 長ーく 大切に使い続けていきたいです。
なんちゃって! 偉そうなことを書いてしまいました。

思い入れの深い玄関は、想像していた以上です。
[PR]
2010年 07月 23日 |
上棟式の日がやってきました。
どんよりとした曇り空、天気予報は午後から降水確率50%とのことです。
でも、日頃の行いが良いので(?) たぶんだいじょうぶでしょう!

現場に行ってみると、今まで基礎しかなかったところが
まるで別世界のように、柱があちらこちらに立ち林のようでした。

大きなクレーン車が、柱やはりを持ち上げ、
鳶さん、大工さん、その他お手伝いの方が それらを抱え
建てたり、挿したりしています。

よーく見ると、イホ3 やら ロニ やらと記号が付いていました。
どうやら その記号に合わせて 組み立てているようです。
さすが 熟練のワザですね~。
d0162700_17444294.jpg


午後から予報どおり 時折小雨にはなりましたが
4時頃までは、なんとかもちこたえ そのあとからはすごい大雨。
なんとか 2階の棟まで上がったので、今日はこれで終了ということになりました。

いよいよ 儀式の始まりです。
四方を 酒、塩、米で 清めます。
工事の無事を祈願しつつ、これから建つ家で 幸せな生活ができますように!
欲張りにもおねがいしちゃいました。

最後に 棟梁の一本〆で。 それでは お手を拝借。
いよーーーーーーお!  パン !
おめでとうございます!
 
[PR]
2010年 07月 20日 |
基礎工事が終わるころ、上棟式の日が決まりました。

7月はじめの、日のとて~も良い日です。
なんだかんだいっても、一生のうちそう何度もあることではないので
やっぱり、最良の日にしたいですよね。

そんなことで、7月はじめの日に決まってから さあ大変!
すごい勢いで、いろいろなことが準備され、決められていったようです。
材料の準備やら、各業者さんの手配、鳶さん、大工さん・・・・・・

30年近く前に 上棟を経験しました。その時はさすがに若かった。
上棟ってなに?? そんなかんじでしたから なにもかもがチンプンカンプン。 
いま思うと、皆さんにどれだけ助けられ、お世話になったことか。
お礼を言っても言い尽くせないほどです。知らないって怖いですねー。

働きものの だんな様のおかげで、2度めの上棟式を経験できそうです。
こんどは もう若くはありません。
大勢の方の力で 棟を上げ、工事の無事を祈願する儀式ですから
きちんとやりたいですよね。

だんだんと上棟式が近づいてきました。
なんだか わくわくしてきます。 
[PR]
2010年 07月 12日 |
6月中旬より 基礎の工事が始まりました。
地盤と基礎は とて~も大切!
なんてったって 建物の基になるものですから。

d0162700_1602627.jpg


思っていたより、太い鉄筋と数を見て安心しました。
これなら いつか来そうな 大地震がきても大丈夫そうです。

建物が出来上がるまでには、数回の検査をうけるそうです。
今回も 鉄筋の配筋検査があったとのこと。

世の中には 悪い人がいて、嘘をついたり、ごまかしたり
きちんとした仕事をしないために、大勢の人が被害をこうむって
そのたびに、法律が変わり 検査やら何やらと複雑になっていくようです。

専門家に検査してもらえば安心、という感もありますが
なんでも、検査や書類に頼らなければいけないというのも
なにか、悲しいかんじがしませんか。信頼とか任せるとか
そういう言葉は、無くなってしまったのでしょうか。
時代劇ばかり見ているせいか、頭が古いですかね。(笑)

基礎のすごさに、感動しながら
暑い日が続くなか、毎日外で仕事をして下さる
職人さん達に 頭がさがります。
いつも ありがとうございます。
[PR]