神奈川県小田原市/家づくりパートナー・三心NEWS
sannsin.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
2011年 08月 31日 |
板橋(大窪村)で有名なものは『お地蔵さん』と『秋葉山』であることは、序章で紹介しましたが、今回は『秋葉山』のことに触れてみたいと思います。

時は1596年、関ヶ原の戦いまで後あと四年、豊臣秀吉が没する二年前です。
当時、関東を統治していた徳川家康は、『遠州秋葉大権現』を厚く信仰していました。
その遠州秋葉山麗の犬居城主であった大久保忠世が、徳川家康の命により小田原に移りましたが、徳川家康をこよなく尊敬していた大久保忠世は、家康に習い秋葉大権現を信仰していましたので、小田原城主になったとき秋葉大権現を小田原に勧誘し、一月坊竺禅が開いたと言われているのが『秋葉山量覚院』です。

d0162700_14553047.jpg
秋葉権現は、信州出身の修験者で観音菩薩の化身とされた三尺坊が没後、『秋葉三尺坊大権現』として祀られたのが起源とされ、観音菩薩を本地仏として75の眷族(狐や龍神など)を従えています。
別名、大徳山秋葉寺『火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)火の幸を恵み、悪火を鎮め、火を司り給う神』を祭神として祀る火防の神様として、全国各地の消防、火力発電など『火を扱う仕事』の関係者をはじめ、多くの方がお参りとお札を求めて訪れます。

毎年12月6日に催される『小田原秋葉権現火防祭』は、独特な雰囲気で行われます。
厳粛かつ荘厳に進められる儀式は、中央に松の木で紫燈を組み着火、炎が最高潮に達したころ火炎の四隅に弓を射る宝弓式、火炎を回りながら炎を切る宝剣式、まさかりにて大地を打つ宝斧式、導師が二本の松明を振り回し、炎の周りを『火防の呪禁』を唱えながら廻る様は、まさに炎との戦いを思わせます。
更に山伏問答へと続き、そしてメインイベントの『火渡り』となります。
紫燈が崩され、おき火となった上を火伏せの呪文を唱えながら導師が一気に渡り、それに続いて参加者も火渡りを行うのですが。
渡り終えた方々は、なぜか皆が晴々とした、『良い顔』をしているように見えます。
[PR]
2011年 08月 23日 |
いつも有難う御座います。

「デイサービス施設」完成見学会in小田原を開催致します。

見学ご希望の方は、本日8月23日より、9月17日(日)までに、事前に弊社までメールかお電話にてご連絡いただけますと、ご希望の日時にご案内させていただきます。
デイサービス等の福祉関連企業様はもちろん、バリアフリー仕様となっておりますので、一般の方々にも参考となるかと思います。お気軽にご連絡下さい。

今回は、三心自慢の
転んでも痛くない「ソフトバス」
調湿・消臭効果抜群の「黄土」
は、もちろん採用されておりますが、更に
太かったり、細かったりする「手すり棒」
が、採用されています。
大小をつける事で、様々な手の大きさの方のリハビリテーション等にご活用頂けます。

d0162700_1085533.jpg


d0162700_1091441.jpg


d0162700_1093022.jpg


多くの方々にご高覧を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

三心 スタッフ一同
[PR]
by kura-ju | 2011-08-23 10:10
2011年 08月 23日 |
いつも有難う御座います。

「クラッシクックなアメリカンハウス」完成見学会in小田原を開催致します。
本日8月23日より、28日(日)までの間にご連絡いただけますと、ご希望の日時にご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

「予算1,600万円以内でクラッシクなアメリカンハウスをイメージした家を建てたい」のお施主様ご要望のもと、計画させて頂きました。

1階のリビング前には、アメリカンハウスを連想させる、テラスとしてウッドデッキを設ける事をご要望されたので、オープンリビング的な感じでつくり、開放感を広げました。

また、ウッドデッキに出れるサッシをフルオープンにする事で、より一層の開放感が出るようにしました。また、玄関先もウッドデッキで繋げており、回遊性を持った、使い勝手の良い空間となりました。

2階には、子供室、寝室は、狭くても良いので、家族が寝る前にお話出来るようなスペースを設けたいのご要望を受けて、階段上がりきったところに5畳程度のホールを設け、「セカンドリビング」をご提案させて頂きました。

d0162700_9533475.jpg


d0162700_9534588.jpg


d0162700_954960.jpg

       
多くの方々にご高覧頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。


株式会社三心 スタッフ一同
[PR]
2011年 08月 22日 |
工事部のAです。
夏休み山梨県の本栖湖にキャンプに行ってきました。
昼間は天気も良くて、本栖湖で泳げ夜はとても涼しくて、寝袋に入って眠る位の気候でした。
子供は朝起きて寝るまで遊んでいました。私は朝起きて寝るまで飲んでいました。
リフレッシュ充電完了です。仕事がんばるゾ~。     
[PR]
by kura-ju | 2011-08-22 14:17
2011年 08月 18日 |
営業部のHです
13日~17日までお盆休みを頂きましたので子供と2人で実家の伊東に帰省してきました。
年2回しか帰っていないのでお墓参りや本家に挨拶行ったり、友達家族と遊んだりと過密なスケジュール
の中あっという間の夏休みでした。
来年は、子供が高校生になるので一緒に行ってくれるのかが心配です。

今日から仕事です。休みボケしないように頑張って行きたいと思っております。
[PR]
2011年 08月 10日 |
 前回のブログを読んで下さった方々より『面白いから続けたら』との好評を頂き、その気に成りました。
そこで『富士山物語』と題して、書いてみることとしました。

『小田原市板橋字富士山』おだわら市‐いたばし‐ふじやま
地名に富士山を付けるとは… 何かすごい…と、調べてみたくなりました。

もともと小田原市板橋は、明治の時代を担う実力者、有名な風流人が、数多く住んでいた処なのです。
高級分譲地で有名な『益田(ますだ)分譲地』は、益田孝男爵が所有する山を、その子孫が不動産会社を設立して分譲販売したもので、当時は南町と同額で販売されました。
d0162700_14595237.jpg

その他にも、電力王と言われた松永安佐エ門の『松永祈念館』や、山縣有朋が晩年を過ごした『古稀庵』、大倉財閥の創始者大倉喜八郎の別邸『山月』(現在割烹旅館)、 政治家清浦奎吾の『皆春荘』など、数々の明治時代を担う実力者が当時の大窪村(現板橋)で暮らし、まるで田園調布を思わせる人気ぶりです。

 その板橋で最も有名なのが、『お地蔵さん』で親しまれている板橋地蔵尊です。正しくは金龍山宗福院と称し、本寺の南谷山香林寺が管理しています。
d0162700_1504116.jpg

1月23,24日と8月23,24日の2回だけしか開催されない祭典も、臨時電車やバスが増発されるほどの人出で、道の両脇に切れ間無く続く露店、その数は大変なもので、子供だけではなく大人でも楽しい賑やかです。
また、詣でた帰りに亡くなった身内と瓜二つの人と出会えるとか・・・。

 もう一つ有名なものが、『秋葉山量覚院』は、火防(ひぶせ)祭です。
d0162700_10343411.jpg

1596年、時の小田原城主の大久保忠世が遠州秋葉山大権現を勧誘したもので、近隣の山の修験者(山伏)たちが信仰する本山です。
d0162700_14533251.jpg

今では数少ない『神仏混在、自然崇拝』で、日本古来の信仰(山の神)と真言密教が融合したもので、遠州秋葉山大権現を信仰していた徳川家康に習い、秋葉講が全国に広まり、秋葉参りで大変なにぎわいだったとか。
 
その山の修験者(山伏)たちが、崇拝し、修行をしていた山が、主人公の『板橋字富士山(ふじやま)』です。
やっと「本題」に到達しましたが、富士山(ふじやま)ってすごい地名だけど、どうして名付けられたのかな~?  
歴史のある地だと、少し長くなるのかな〜  好ご期待!!
[PR]
2011年 08月 01日 |
三心では、只今、スタッフ募集中です。

●正社員/賃貸管理業務
・募集条件:正社員(*3ヶ月の試用期間あり)
・勤務時間:9:00~18:00
 (要普通免許、休日/応相談)

●正社員/営業
・募集条件:正社員(*3ヶ月の試用期間あり)
・勤務時間:8:00~18:00
 (普通免許、休日/水 他は応相談)

詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL.0465-31-0015
[PR]